ジャパンアウトドアリーダーズアワード|Japan Outdoor leaders Award

MENU

JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARDについて

「ジャパンアウトドアリーダーズアワード」開催趣意

世界中で情報化・AI化などが進み、日々の変化が激しい現代において、子どもたちには「自ら判断し、選択する力」「生きる力」が必要であり、学力だけでなく「個」の自立が大切となってきています。

子どもたちは、アウトドア活動を通じて、健康で判断力に優れ、優しくて強いしなやかな心が育まれると私たちは信じています。

人間はアウトドアに身を置くことで慈愛に満ちた心を醸成するとともに、変化に富んだ自然に対して様々な適応力をも身に着けることができます。アウトドア活動を通じて得た「人間力」は、さまざまな社会変化を受け入れ適応するチカラになると確信しています。

日本には、四季と共に森林・河川・海・里など様々な豊かな自然環境があり、アウトドア活動を行う上で恵まれた環境になっています。けれど、内閣府「子ども・若者白書(平成26年版)」によると、学校以外の団体などが行う自然体験活動の参加率は低下傾向にあり、学校においても小学校では減少傾向にあります。また最近では、家庭において親世代の体験不足も指摘されています。

豊かな自然環境を子どもたちの学びの場として活かすためには、アウトドア活動がライフスタイルとして定着するような機運醸成と質の高いアウトドアを支えるリーダーが必要です。

だから私たちはJOLAを創設しました。

アウトドアリーダーの知識・技術・人間性を取り上げ社会にアピールすることで、リーダーのさらなる養成と幅広いネットワークの構築につなげたいと考えています。

それにより、日本にアウトドアが根付く取り組みの一助となり、子どもたちが質の高いアウトドア活動を楽しめる環境を日本に広げていきたいと考えています。

敬具

「ジャパンアウトドアリーダーズアワード」開催規定

運営主体
JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 運営委員会(JOLA運営委員会)
賞の種類
  • JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 大賞
  • JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 特別賞
受賞対象者の例
  • 子供を対象に人間教育を登山を通して実践している人
  • 災害を生き抜くスキルを習得させるサバイバルキャンプを実践している人
  • 子供たちの自然を見る感性を育むために心揺さぶる原体験を自然を通して提供している人
  • 大学生を対象に山村活性化の担い手育成プログラムを現地の山村で実践している人
  • 安全な海遊びを指導できる人材を育成している人

JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 運営委員会について

組織名
JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 運営委員会
設 立
平成28年1月(平成26年7月よりJOLA準備委員会を発足し、平成28年1月にJOLA運営委員会に移行。)
所在地
  • 〒151-0052
  • 東京都渋谷区代々木神園町3-1
  • 国立オリンピック記念青少年総合センター内
  • NPO法人 自然体験活動推進協議会 気付
代表者
運営委員長 山田 俊行