ジャパンアウトドアリーダーズアワード|Japan Outdoor leaders Award

MENU

受賞者

白川勝信

%e5%86%99%e7%9c%9f05_mg_5214-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

里山を利用して,地域と自然の輝きを未来へ

中国山地は「たたら」の山でした。炭を焼いて製鉄し、草原で育った牛に引かせて出荷していました。山の形が変わるほどに砂鉄を掘る一方で、薪炭林や草原が持続的に使われていた、共存の山です。

日常の中で山が使われなくなって半世紀が過ぎ、資源利用の知恵や技術を知る人が減り続けているのが現状です。今、そしてこれからの時代を生きていくためには、山をもう一度資源として捉え、持続的に利用するための理念、知識、そして技術を併せ持つ人材が必要だと考えています。

湿原や草原の保全を続けてきた芸北地域で、2012年から「せどやま再生事業」、2015年から「芸北茅プロジェクト」を始めました。放置されていた森や草原にあるバイオマスを、地域みんなで使うための新たな仕組みです。生態系だけでなく、経済、エネルギー、文化など、様々な分野で生じている問題を解決するために、社会が変わりはじめました。その変化を加速させているのが教育です。

%e5%86%99%e7%9c%9f20_imgp4079%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

-profile-

白川勝信 Katsunobu Shirakawa

北広島町立芸北高原の自然館 主任学芸員

広島県芸北地域で、湿原、半自然草原、里山林など、地域の人間活動によって維持されていた生態系の保全をテーマに博物館活動を展開している。 子ども、事業者、行政、ボランティアなど、様々な主体による自然への関わり方を見直し、新たな仕組みを組み込みながら、地域と自然を将来に残していく道を模索している。2003年4月より芸北高原の自然館に学芸員として勤務(現職)。専門は生態学(博士(学術))。

お知らせ一覧

press
2018.08.29
[メディア掲載]森林守る意識、次代に継承|山梨日日新聞(2018年08月29日)
press
2018.07.25
[メディア掲載]森の魅力を紹介、評価|山梨日日新聞(2018年07月25日)
お知らせ
2018.07.17
JOLA2018ファイナリストのインタビュー掲載!!!
press
2018.06.15
[広報誌掲載]よみたん自然学校の小倉代表がJOLA 2018 大賞を受賞|広報よみたん平成30年6月号
press
2018.06.03
[広報誌掲載]JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 2018 優秀賞受賞|広報うえのはら平成30年6月号