ジャパンアウトドアリーダーズアワード|Japan Outdoor leaders Award

MENU

受賞者

永菅裕一

SANYO DIGITAL CAMERA

SANYO DIGITAL CAMERA

自然・棚田を愛し、育む、 未来の子どもたちのために。

生物・食・農の大切さ、自然とともに生きる豊かさを、実践を通じて伝え、美しい棚田を未来につなげることを目的に、米作り体験、生き物調査などを自然の中で行っています。また、姫路市の商店街で、棚田米の試食会などを行い、都市の方々にも活動の大切さを伝えています。

農や食に関心をもっていただくきっかけとなる場「農楽カフェ(意見交換交流会)」、生物多様性や農業の重要性を学び、人材育成を目指す「有機農業講座」等も開催しています。

そして、棚田エコ学園(気づき・知識を深め・主体的に実践し・次世代へと受け継ぐ教育者を養成するまでの環境教育機関)を2014年に開園し、約10名が卒業し、活躍しています。

参加者からは、「いただきますの大切さを改めて感じました」、「普段できないことを子どもたちにさせれてよかった」、「みんなと協力できてよかった」、「雰囲気はとてもよく気持ち良くできた」、「自然が気持ちよかった」、「生産者に感謝します」という感想をいただいています。

%e6%a3%9a%e7%94%b0%ef%bd%8c%ef%bd%8f%ef%bd%96%ef%bd%85%ef%bd%92%ef%bd%93%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e9%9b%86%e5%90%88%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

-profile-

永菅裕一 Yuichi Nagasuga

NPO 法人棚田LOVER’s 理事長

高校時代、環境問題に関心を持ち、姫路工業大学環境人間学部、兵庫県立大学大学院環境人間学研究科に入学し、環境と人間に関して分野の枠を越えて、総合的に学ぶ。そして、環境教育が環境問題に重要な役割を果たすと気付き、研究を行った。その中で棚田と出会い、環境教育と棚田のつながりを強く感じた。そこで、地域の方々から、棚田が失われていることを伺い、2007年5月に棚田LOVER‘sを仲間と結成。生物・食・農の大切さを伝え、棚田を未来の子どもたちにつないでいくために、米作りや自然体験系の企画を年60回程度行っている。

お知らせ一覧

お知らせ
2017.11.21
JOLA 2018 エントリー期間について: 11月30日まで延長となります。
お知らせ
2017.11.18
JOLAトーク@HOKKAIDO開催決定です!(11/23@北海道・登別 やきとりの一平)
JOLA 2017 FINALIST
2017.11.03
JOLA2017大賞の白川勝信さんが登別に登場 in モモンガくらぶ 15 周年記念フォーラム
お知らせ
2017.10.18
JOLAトーク@TOKYO開催決定です!(11/8@東京・原宿Hutte)
お知らせ
2017.10.10
JOLA 2018 キャラバン。直接メッセージください!