ジャパンアウトドアリーダーズアワード|Japan Outdoor leaders Award

MENU

お知らせ

お知らせ

プロ登山家 竹内洋岳氏からいただいたの応援メッセージをご紹介

こんにちは、プロ登山家の竹内洋岳です。
JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD KICK OFF おめでとうございます。
プロ登山家というものが皆さんの前に立っています。私が登山家・プロ登山家になるきっかけはいろいろありますが、その大きなものが小学3年生の時に参加した千代田区の野外教室です。その時に私のリーダーだった人がこの出席者の中に居ますけども、その人に憧れて、その人に教わってきたことを受け継ぎながら登山を続けてきたことで、私が登山家になり、プロ登山家になり、そして今皆さんの前に「プロ登山家です」と言って立つことができています。
日本のアウトドアリーダーが行っている野外教育というのは、日本にプロ登山家を誕生させるだけの力、実績というものをすでに持っています。そして私がここにプロ登山家ですと立てるように、日本にはプロ登山家を要するだけの環境と受け入れるだけ力があります。
日本には、野外教育とそれを発展させる環境と力があります。アウトドアリーダーたちが日本の中にプロ登山家とは言いませんが、野外教育の世界でプロフェッショナルとして生きていける人をいかに誕生させられるか、それを増やすことができるか。そのリーダー達をみて、自分も「リーダーになりたい」「野外教育の世界でプロとして生きていきたい」という人たちが増えていけるかどうか、そのきっかけになるのが、このアワードになると思います。
野外教育というと自然に回帰する、日本の昔の自然の多かった時代に立ち返っていくようなイメージがあるかもしれません。しかし私が山登りを続けていて感じることは、自然というのは非常に厳しいもので、その厳しい環境の中でいかに生き延びられるかどうかということが野外教育ではないかと思います。これから地球の環境がドンドン変化していく中で、私達人類の子孫たちが生き延びていけるかどうか、そのための私たちが持っている知恵を次の世代に受け渡す場、それがこの野外教育の場だと思います。
私達の子孫がこれから変化をしていく自然環境の中で、生き延びてさらに子孫を残して行ってもらうための知恵・力を今私たちが彼らに受け渡していく場が必要になってきます。それこそがJAPAN OUTDOOR LEADERS AWARDになっていくと私は祈っています。これからも野外教育に生きるプロフェッショナルが日本に生まれること、彼らの持っている知恵が次の世代に受け渡されて、日本人そして人類が地球上に生き延びていくこと、そのきっかけになってほしいと思っています。
みなさんのお力添えがこれからも必要になってきます。これからもご協力やご助言をいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

お知らせ一覧

JOLA2024
2024.04.27
朝日新聞デジタルに黍原豊さんの受賞について取り上げていただきました
JOLA2024
2024.04.24
「高麗川かわガール」さんの活動と真野博さんの受賞について複数紙と大学プレスセンターに取り上げていただいています。
JOLA2024
2024.04.11
琉球新報さんに鹿谷麻夕さんの受賞について取り上げていただきました。
お知らせ
2024.03.25
JOLA2024表彰式 まとめ
JOLA2024
2024.03.23
南海日日新聞社さんが佐藤伸幸さんの受賞について取り上げてくださいました。